FX取引をするメリット・FXをしないデメリット

FXをやれば、例え、円価が暴落したとしても資産の減少を防げるというメリットがあります。

日本円は大変強い通貨の1つになっていますが、逆に言えば、大幅に価値を落とすかも知れない通貨でもあると言えます。

円安が急激に進めば、円建ての預貯金をしていたら、実質上の損にもなりかねません。

例えば、1ドルの水を買うのに1ドル100円の時は100円の支払いで済みますが、これが仮に1ドル200円になってしまったら、200円払わなければなりません。

金利で多少は増えているとは言え、1ドル100円なら2本買えていた水も1ドル200円となったら1本しか買えなくなってしまいます。

このようなことを防ぐにはFXをしておくと良いでしょう。

1ドル100円の時にドルを大量に買っておけば、このような損失を防ぐことができるからです。
また、円貨建ての預貯金よりも外貨建ての預貯金の方が金利が高い場合がほとんどです。

仮に為替レートに変動がなかったとしても、外貨にある程度変えておいたほうが得しやすい環境にあるのは間違いありません。

このページの先頭へ