FXで確定申告をしたほうが良い人

今年の確定申告はちゃんと済ませましたか?

FXをやっていて申告ができるなんてうらやましいという方もいらっしゃると思いますが、しなくても良いものなら避けて通りたいという方もいらっしゃるでしょう。

FXをされている方のうちで、どのような方が確定申告が必要なのかちゃんとご存知ですか。

申告しなければならないのは、サラリーマンやOLなどで、20万円以上の利益があった方、主婦や学生など、扶養家族になっている方で、38万円以上の利益があった方、そして年金生活者の方で38万円以上の利益があった方です。

もし、定められている以上の利益が出たなら、ちゃんと申告をしなければなりません。
これは国民の義務ですから、後からトラブルにならないように、ちゃんと義務を果たすことをおすすめします。

もちろん、この利益というのは、必要経費を差し引いた後の金額です。

もし、差し引いて上記の金額以上にならなければ申告する必要はありません。

ですが、書籍やセミナー費用など、必要経費があったなら、ちゃんとレシートや領収書を取っておき、尋ねられたら答えられるように用意しておく必要はあります。

他にも、利益は揚がっていないけれど確定申告をしたほうが良い方がいます。
それは、損をしてしまった方や損益通算ができる方です。

2012年からFXに関わる税制が改正されたことにより、損を繰り越すことができるようになりました。

3年間繰り越すことができますから、損をしている方こそ申告をしたほうが得な人言うことができるのです。

せっかくこのような決まりがあるのですからちゃんと活用しましょう。

このページの先頭へ